札幌支部の取組

安全なまち(まちの危険を減らし隊)

安全なまち

近年、ブロック塀の倒壊事故や、損傷した構造物による事故が発生しています。
そこで建築士会会員が地域(校区等)を巡り、注意が必要な建物や構造物を探し出し、危険性をランク分けして支部でデータを整理して今後の展開を検討する事を目的とした新規事業「安全なまち(まちの危険を減らし隊)」をスタートします。
札幌支部会員の皆様は、ぜひご参加をお願いいたします。

募集詳細

事業名 安全なまち (まちの危険を減らし隊)
概要 調査物件の危険性をランク付けして、住所・位置図・写真(Googleマップからのコピーも可)やチェックシート等で報告をお願いします。
募集期間 令和4年12月末頃まで
参加資格 札幌支部会員の方
調査範囲 会員の自宅・勤務先周辺の町内会・学校の校区が対象
送付方法 報告書は 専用フォーム からお送りください。
下記QRコードからも可能です。
安全なまち
お問い合わせ メール:ushida@kouken-s.co.jp
担当者:牛田

※他の会員との調査地域の重複は可とします。

※調査は外観調査のみとして、建物や敷地には入らない様にして下さい。