建築基準法講習会

 建築基準法は、昭和25年の法制定以降、建築技術の進歩、大規模な災害の発生等の建築物を取り巻く社会経済情勢の様々な変化に対応するため、累次の改正が行われ、制度の合理化・実効性の向上が図られてきたところです。
 一定規模以上の非住宅のおいては、建築物のエネルギー消費性能の向上に関する法律(建築物省エネ法)による省エネ基準への適合性判定を受けることが義務化され、建築基準法の適合審査項目に含まれることに改正されております。(平成29年4月1日施行)
 また、建築基準法による技術基準の見直しが随時行われています。
 そのほか、平成29年5月に公布された都市緑地法等の一部を改正する法律により都市計画法の一部が改正され、農業の利便の増進を図りつつ、これと調和した低層住宅に係る良好な住居の環境を保護するための新たな用途地域として「田園住宅地域」が創設されました。(平成30年4月1日施行)
 本講習会では、これらの新しい動きや建築基準法規の解説を中心に、建築基準法等の全般について解説いたします。
 建築物の設計、施工に携わる皆様には、本講習会に多数受講されますようご案内申し上げます。
この講座は、建築士会 継続能力開発(CPD)制度 特別認定研修です。

開催概要

日時:平成30年2月7日(水) 10:30~16:00

場所:釧路市生涯学習センター 705・706
   (釧路市幣舞町4番28号)

定員:80名

時間割・講習内容・講師:

時間 講習内容 講師
10:30~12:00 新しい動き(法改正の概要、今後の改正等の動き、資料編の解説) 北海道建築指導課職員
12:00~13:00 (昼食休憩)  
13:00~14:30 建築確認申請のチェックポイント(1) 釧路総合振興局建設指導課職員
14:40~16:00 建築確認申請のチェックポイント(2) 釧路市建築指導課職員

申し込み方法:

申込書・テキスト引換券・領収書に必要事項を記載し、受講料をそえて釧路支部事務局にお持ちください。
郵送の場合は、申込書と共に 返信用切手82円、宛先・宛名を記入した返信用封筒 を同封のうえ、現金書留でお申し込みください。